BATICA

  • instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • SoundCloud
  • YouTube
  • Tumblr
HOME > SCHEDULE

SCHEDULE

02.13Wed 2019

OPEN 18:00

Rejoicer JAPAN TOUR -day2:Rejoicer & Beats set-

ENTRANCE:ADV ¥3000/DOOR ¥3500 ※共にドリンク代別

TOPIC:※1日目公演半券/eチケット画面提示で¥500 OFF
※店内クロークあり
※スタンディング

-Special Live-
Rejoicer & Keys set

-line up-
doooo(CreativeDrugStore)
Mat.Jr(tokyovitamin)
Soushi -beatlive-
Linn Mori
Qujioki
MIRRROR -live-
MNDSET
Stupid Kozo
FITZ AMBRO$E
Submerse
荘子it
sharkboy
LEO
Mizuki Sato

昨年来日公演を果たし、大きな話題を呼んだイスラエル/テルアビブの新世代フューチャー・ソウル・トリオButtering Trio。

そのメンバーにして、L.A.ビート・シーンとも共鳴するイスラエルビートシーンの重要レーベル<Raw Tapes>の主宰者でもあるREJOICERの来日公演が急遽決定。

<StonesThrow>からリリースされたソロ作のライブを解体、再構築する2日間が繰り広げられる。

2/12(火)はRejoicer & Keys setと題してインプロ〜エクスペリメントな一夜。
2/13(水)はRejoicer & Beats setと題してビートライブを中心とした一夜が行われる。共にVJも従えての公演となる。

-Rejoicer JAPAN TOUR INFO-
イスラエルのハイエイタス・カイヨーテと呼び名の高い注目のフューチャー・ネオソウル/ジャズ・バンド、バターリング・トリオの中心メンバーであり、ビート・ミュージックとジャズの新たなシーンを作り出したレーベル: Raw Tapesも主宰。

2018年にStones Throwからリリースしたソロの最新アルバム”Energy Dreams”では、浮遊感があるビートを基調にしながら、ベースやギター、キーボード/シンセ、パーカションなど様々な楽器が重なり合って奏でるとてつもなくサイケデリックでドリーミーな音世界。そして独特のメロディセンス。聴けば聴くほど深みにハマっていく不思議な心地よさ、まるで宇宙のどこかから舞い降りてきたかのような壮大なサウンドスケープ!

フライング・ロータスやキーファーなどのLAの現行ジャズ x ビートシーンとも交差するような、リジョイサーのサウンドとライブは必聴!また、今回の来日ツアーではアルバムのアートワークやミュージックビデオも手掛けた盟友: Jengoも引き連れ、映像も交えた貴重なライブセットを披露する!

  • LINE
  • share
  • Tweet

イープラス:前売り券購入リンク
https://eplus.jp/sf/detail/2850940001-P0030001

Yuvi_Rejoicer_02_RobbKlassen for web
Rejoicer
https://www.stonesthrow.com/rejoicer
https://www.instagram.com/1rejoicer/
https://www.facebook.com/Rejoicer.Energy.Dreams/
https://soundcloud.com/rejoicer
リジョイサーことユヴィ(ユヴァル)・ハヴキンは、ロンドン生まれのテルアヴィヴ育ち。彼の地でビート・ミュージックとジャズの新たな潮流を作り出したレーベル: Raw Tapesの設立者の一人であり、レーベルを代表するグループ: バターリング・トリオのメンバーでもある。 音楽一家で育ち、ジャズを中心に多くの有能なミュージシャンを輩出している芸術学校で音楽を学びながら、ビートメイキングも進めてきた。ベルリンでの暮らしや、LAにも頻繁に出向くなど、グローバルなシーンでも交流を築いてきた。自身のレーベルからバターリング・トリオのアルバムやソロ作をリリースした後、2018年にソロアルバム”Energy Dreams”をLAシーンを代表するレーベル: Stones Throwからリリース。浮遊感があるビートを基調にしながら、ベースやギター、キーボード/シンセ、パーカションなど様々な楽器が重なり合って奏でるサイケデリックでドリーミーな音世界、独特のメロディセンスで、壮大なサウンドスケープが形成されている。アルバムのアートワークは、リジョイサーの頭の中にあるコズミックな音楽の世界を描いたもので、長年Raw Tapesのアートワークを手がけてきたデザイナーで画家のジェンゴが担当。ミュージックビデオも彼が手掛けており、映像も含めた二人のコンビでヨーロッパ、アジア、アメリカのツアーを2019年に敢行する。

Rejoicer “Energy Dreams” Album Streaming アルバムストリーミング
Apple Music:https://itunes.apple.com/jp/album/energy-dreams/1387039642
Spotify:https://open.spotify.com/album/5NbcAITHDzXJmJ7BDovK7v?si=btrtas7zTiWjtvTrRtJliA
Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=Jzs8BdhEfTc&list=PLVho960SVsN7PJd3cRN2ErXqMqFuos-PZ

以下、by tour member: Jengo *今回の来日ツアーのVJメンバー制作によるビデオ